ザンビア総選挙に関する大使館選挙監視団報告

2021/8/27
     

 8月12日のザンビア総選挙に当たり、当館は、ルサカ、カブウェ、マザブカの3か所に選挙監視チームを派遣し、投票及びその後の集計プロセスにつき監視活動を行った。同監視団の評価は次のとおりである。

 今回の選挙は、概ね平穏に行われ、投票率は前回選挙を大きく上回り、多くの有権者が順番待ちの列に忍耐強く並んでいたことは、ザンビアの民主主義の力強さを証明するものである。他方、一部地域において殺人事件を含む政治的動機に基づく暴力が生じたことは遺憾である。

 当監視団が監視した投票所レベルにおける投票・開票プロセスは、厳正な手続きで実施され、有権者の投票は自由かつ公正に行われた。ただし、各投票所における投票プロセスの効率化については、一層の改善が期待される。

 最後に、当監視団は、ザンビア選挙管理委員会等、関係各位に深い謝意を表明する。