[外務報道官談話]ザンビアにおける大統領選挙について

2021/8/20
1 我が国は、8月12日に行われたザンビア大統領選挙にて、ハカインデ・ヒチレマ候補が次期大統領に選出されたことに対し、同候補とザンビア国民に祝意を表します。
 
2 我が国は、ヒチレマ次期大統領のリーダーシップの下、ザンビアが安定した民主主義国家として、更なる発展を遂げるとともに、引き続き、地域における平和と安定に貢献することを期待します。また、我が国は、今後ともザンビアとの協力関係を強化していく考えです。
 
[参考1]ザンビア選挙管理委員会発表による結果(上位2名)(156選挙区中155選挙区)(8月16日発表)
(1)ハカインデ・ヒチレマ候補(国家開発統一党(UPND))得票率59.38%
(2)エドガー・ルング候補(愛国戦線(PF))  得票率38.33%
※(投票率69.17%、登録有権者数7,023,499、有効投票数4,733,287)
 
[参考2] 新大統領就任式
 新大統領就任式は、次期大統領が選挙管理委員会により発表されてから7日以内に異議申し立てがなされない場合、8月24日に実施される予定。
 
[参考3] 我が国の選挙支援
 我が国からは、在ザンビア日本大使館員8名がルサカ州等に於いて選挙監視活動を実施した。