「日本留学生懇談会」開催

    
 
    


 3月15日、大使公邸に日本への国費留学の経験者と予定者を招き、懇談会を開催しました。
 
 同懇談会において、側嶋秀展駐ザンビア日本大使、ンカンドゥ・ルオ高等教育大臣、ヴィクター・ズル日本留学生会会長代行が挨拶を行いました。
 
 日本政府は、日本の大学において研究生・学部生等として留学を希望する外国人に対して、奨学金を提供しています。この留学制度は、日本と諸外国との国際交流、友好親善を促進するとともに、各国の人材育成に貢献することを目的として創設されたもので、ザンビアからは毎年約2~3名の学生が国費にて留学しています。
 
 懇談会の実施により、留学生会の会員相互間のネットワークが強化され、同会の活動が活発になるとともに、両国の友好関係の基礎が強固なものとなることが期待されます。
 
 この行事における側嶋大使のスピーチはこちら