日本NGO連携無償資金協力署名式(ザンビア共和国妊産婦・新生児保健ワンストップサービスプロジェクト第3年次事業)

2016.12.02.Signing.JOICFP.JPG  


 12月2日,平成28年度日本NGO連携無償資金協力贈与契約の署名式が執り行われ,榊原修一臨時代理大使と公益財団法人ジョイセフの船橋周プロジェクト・マネージャーが,「ザンビア共和国妊産婦・新生児保健ワンストップサービスプロジェクト(供与限度額:米貨544,771ドル)」の贈与契約書に署名しました。本事業は,マサイティ郡及びムポングウェ郡の10地区を事業地として実施される妊産婦・新生児の健康改善を目標とする開発協力事業であり,第3年次事業が開始となります。

 ジョイセフは,第3年次事業中に,ミカタ保健センター(於:ムポングウェ郡)内に出産待機ハウス(注:出産を控えた妊産婦が出産日まで滞在出来る施設)及びその他関連施設を建設します。そのほか,母子保健推進員(SMAG)に対する研修の実施及び啓発活動の実施ならびに出産に必要な医療機材の供与が活動内容に含まれています。

 ジョイセフの活動により,マサイティ郡及びムポングウェ郡のさらなる母子の命が救われることが期待されます。
 
  この署名式における榊原修一臨時代理大使のスピーチはこちら
 
日本政府は,日本NGO連携無償資金協力のスキームを通じて,日本のNGOが開発途上国・地域で行う経済社会開発事業に資金協力を行っています。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/shien/j_ngo_musho.html